電気工事業|組合員|共同購買|共同受注及び斡旋|電気保安管理業務|知識の普及・教育|室蘭地方電気工事業協同組合

 

青年部

 

事業報告

事業報告
 
地域活動
2014-08-25

平成26712日に、事業委員会 地域社会に寄与する活動の一環として、絵鞆臨海公園内にある、ふれあい磯場の清掃活動を行いました。

天気も暑くもなく寒くもない絶好の清掃日和!!始めるまでは、予定よりも早く終わると安易な気持ちでいたが、、、、、甘かった、、、、想像を超える重労働。

階段からの砂おろし、石の移動、ゴミ拾い!

ゴミの量も見た目よりも大量にあり、予定時間いっぱいまで全員フル稼働、その甲斐もあり、かなりきれいになったので、子供たちも安心して遊べると思います、家族で遊びに行ってみてください。

 

仕事の合間の方、休みの方、時間を割いて参加して下さりありがとうございました。

また来年もぜひ参加よろしくお願いします♪

 

 

レポート担当  事業委員会副委員長 宮川 賢吾 ( ㈲登別電工 )

 
北海道電気工事業工業組合青年部連合会 第27回通常総会
2014-06-13

平成2663() 東京ドームホテル札幌にて、北海道電気工事業工業組合青年部連合会 第27回 通常総会が開催され、沼澤部長と 春木副部長で参加してまいりました。

通常総会には、役員14名オブザーバー19名の、33名が参加し総会前には、

尾池理事長より「これからは青年部の時代。」と挨拶が行われ、通常総会が開催された。

須田会長から、「将来に向け次世代の育成・各支部が活性化の為、全日・道工組と協力し、全員一致で協力していきたい。」との挨拶から始まり議案書に基づき第一号議案から第六号議案まで審議され、満場一致の挙手のもと可決承認され滞りなく総会は終了しました。その後、第1回役員会もあわせて開催され今年一年の事業へ向けて、みなさん熱い会議を繰り広げていました。

その後、北海道電気工事業工業組合 通常総代会へ室蘭からは、松島理事長、三上副理事長、三好副理事長、岸塚理事、大久保理事、清野事務局長が参加されており、私達もオブザーバー出席させていただきました。

総代会では、尾池理事長の「全道 格差の無い業界を目指す。」との御挨拶ののち、議事が進行していき、こちらも成功裏に終了致しました。

終了後、御来賓40名を含め189名が参加し、盛大に懇親会が開催され、

懇親会中盤には、青年部各単協挨拶ということで、道工組青年部副会長でもある沼澤部長と春木が壇上に上がり、部長から室蘭支部の活動報告として昭和新山国際雪合戦への初参加やこれからの道工組行事に対しての発表が行われました。

 無事懇親会も終了し、その後青年部での交流会を開き、昨年以上に協力しあうことを誓い、全道の青年部部員と絆を深めました。

 

                    レポート作成

(有)春栄電気工事 春木一喜

 
第26回昭和新山国際雪合戦 参戦
2014-03-25

この度、突然ふってわいたような話でありましたが壮瞥町昭和新山で毎年行われている「 昭和新山国際雪合戦 」に、我が青年部チーム(室電協青年部)は、地域行事に積極参加し電気業界のPR及び青年部部員の団結力を高めることを目的とし、参加して参りましたのでレポートさせて頂きます。

 

日程は、まず1月26日に昭和新山にて行われる地区予選(胆振大会)に出場し、万が一にも予選突破した場合は2月22日の本戦へ、出場という流れでありました。

 大会参加を決め、本大会で優勝経験のある青年部部員(阿部君)より、「この雪合戦はかなりガチでハイレベルであり目に見えないスピードで放たれる雪球に当たるとかなり痛いぜよ。」と聞いていましたので、まず『ためしに参加してみること』という非常に低い目標と『まずはケガをしないこと』という高い目標を掲げチーム編成することにしました。予選参加メンバーは壮瞥町の若きホープであり、大会の運営側であり、更に今大会のポスター(http://www.yukigassen.jp/index2.html)にもなっている堀口副部長を監督に据え、沼澤部長を主任技術者に、春木・谷野・徳本・宮本・三好・阿部・中山という構成となりました。本来なら大会参加が決定した日から練習を重ね、作戦を練り、ルールを覚え、練習試合をして然るべきところではありますが、いかんせん1勝するのも諦めたなかでのレクレーション的な気持ちでの参加であったため、当日まではせいぜいやる気のある人間がyoutubeで大会動画を眺める程度というかなり無謀な予選参加状況でありました。

 

 そんな中あれよあれよと大会当日を迎え、昭和新山に集まった我らが烏合の衆に対し審判員講習を受けた烏合の衆の一人より最終的なルール確認と注意点の説明がされ、早速第一試合の時間となりました。

 相手は雪合戦経験者チームであり我が素人チームは軽くあしらわれ1セットも取れず当然のように敗戦となりました。しかしながら今思うと雪合戦がなんたるかをこの試合で多少なりともそれぞれ体感することが出来ました。

「二試合目もきっと負けるから昼から行われるトーナメントには残れないし午前中で帰れるねー。」などと午前10時の早い昼食タイムで談話しておりましたが二試合目が始まると一試合目と我が青年部の動きが明らかに違いました。更に対戦相手もそれほど経験のあるチームではなく、春木副部長が相手チームフラッグを抜きさる暴挙へでるなどのファインプレーもあり3セットのうち2セットをもぎ取り当初予定してなかった1勝をしてしまいました。この勝利により当日昼からのトーナメントと2月の本大会への出場が決まり、一同驚きと喜びと更に複雑な心境に満ち溢れました。昼からのトーナメントは過去優勝経験チームの3軍と対峙し勝てるわけもなく一回戦敗退という結果にて予選を終えました。

 

 2月の本大会は予選突破の朗を聞いた親会からも応援される中、組合のハッピを着用し、新たに宮川兄弟をチームに招く盤石な体制で挑んで参りました。全国より猛者が集う異様な緊張感の中で開会式は盛大に行われ、国際大会の名にふさわしく予想をはるかに上回る参加者と観客に一同度肝を抜き、ここまで素晴らしい大会へと導いた運営に携わるすべての方々の努力に深く感銘を受けているなか、あっという間に試合時間となりました。試合は相手チームとの圧倒的な力量の差が露呈し、全くいいところなく第一試合・第二試合とも1セットも取れずほぼ全滅する形で敗戦という結果に終わりました。当然といえば当然です。練習してないし作戦も適当だし。ただひとつ皆様から褒めてもらい所は、ほぼ氷の雪球が全速力で飛び交う中で誰一人ケガをしなかった事であります。来年もぜひ今回参加出来なかった部員を交えながら大会参加したいと思います。

 

 最後に遠方より会場まで応援にきていただき声援を送っていただいた、松島理事長並びに関係者の皆様、誠にありがとうございました。皆様のおかげで、燃え尽きるまで一同頑張れました。

 

                    レポート作成 総務委員会 中山 雄貴 (創成電機工業㈱)

 
北海道電気工事業協同組合青年部 第3回 会員大会
2014-02-18
平成26年2月15日(土)北海道帯広市にて開かれた 「北海道電気工事業協同組合青年部 第3回 会員大会」
来賓に 十勝電気工事業協同組合 理事長 樋口和夫様・北海道立帯広高等技術専門学院 学院長 大場三夫様・電気科長 大澤陽介様・全日本電気工事業工事組合連合会 全国青年部協議会からは 
あいにくの天候で飛行機が欠航になり越智相談役・堀口会長・土居理事・林理事が来場出来きませんでしたが 植草副会長・齋藤理事・野口理事・中村理事・文道理事の5名また地元 帯広高等技術専門学院から生徒20名が参加され総勢100名を超える規模の大会が開催されました。
「しばれる十勝!固まる絆!」~若い力と語ろう未来~をテーマに、道工組青年部連合会から、電気工事会社の業務内容を説明 幅広い電気工事業の業務内容を 各単協からパワーポイントにて詳しく説明したのち 
帯広高等技術専門学院からは 学校での授業内容や志などを発表していただきました。
たいへんレベルの高い授業内容に 参加した青年部員は驚きを隠せないようで 「俺も今から入学したい」という意見が出るほどでした。
 
休憩を挟み、意見交換会では これから就職する技専の生徒さんの不安点や 電気工事の未来・就職するうえでの心構えなど 活発な意見交換が行われ
迎える側の青年部員たちも 若者たちとの接し方や どう育てていくかなどの意見が飛び交いました。
 
大会最後に 北海道電気工事業工業組合 青年部連合会 副会長 我らが沼澤功仁から「この大会も5回10回と回数を重ねられるように、全力全身します」と謝辞を述べられ、閉会されました。
 
北電書類作成講習会
2014-02-19

平成26131日、企画委員会より青年部員を対象とした北電書類作成についての講習会を電気組合にて開催致しました。

 

講習会開催に先立ち北電書類についてのアンケートを実施し、所属する会社の約半数近くは各工事の担当者で作成しているという統計が得られ、部員が作成しているという比率は全体の約30という結果になり、この結果は部員が工事担当者の場合も含めると私たちの青年世代で

北電申請書類を作成しているのは約75%にのぼりました。

しかしながら初めて書類を作成する人にとってはよくわからなく、ややこしい。と感じると思います。

記載方法などは組合で開催している電設業務研修会などでもありますが、北電よる変更点や注意点の為、理解するにはある程度の北電書類作成についてのキャリアがないと難しいのが現状です。

 

そこで本講習会では北電書類作成のキャリアが無い方でも理解しやすいように一般住宅新築の単3・40A契約と仮定し臨時から本設、お客さまが電気を使用するまでにどれほどの北電書類が必要でどのような流れで進めていくのかというところにフォーカスし講習会を開催しました。

 

講習会の講師も青年部が務めパワーポイントを作成し、詳細まで噛み砕き、作成のキャリアが無い方でも理解できるように青年部目線で構成し、まさに「青年部による青年部の為の北電書類講習会」となったと思います。

今回本講習会開催にあたり、尽力頂きました関係者のみなさん、大変お疲れ様でした。

青年部にいるメリットを最大限に生かし、これからも全部員で成長していければ幸いです。

 

 企画委員会委員長 徳本栄一(鐡和電設㈱)

 
第30回電気工事業全国大会
2013-12-16
平成251114日に第30回電気工事業全国大会が神奈川県のパシフィコ横浜で開催されました。
室蘭青年部より沼澤部長、堀口副部長、小野委員の3名が参加し、
前日には『全国電気工事業青年部 ブロック交流会』が行われ、全国から集まった500名弱の青年部員との交流が図られ気持ちを一つにし、翌日の本大会へ臨みました。
大会当日は午前中に基調講演「電力システム改革による新しいビジネス展開」というテーマで、講師に東京工業大学 特命教授 柏木 孝夫氏を向えて自然エネルギー系の電力を既存の系統制御に最大限に取り込むことが出来る送配電システム「スマートグリット」、一部地域で導入されているスマートメーター等でのビジネス展開を非常にわかりやすく、
ユーモアたっぷりに講演していただきました。
午後からは意見交換会を行い、・太陽光発電設備・省エネルギー設備の2つのテーマで今回は事前アンケートを集計して、その結果を踏まえて意見交換をしました。今後新たなるエネルギーについての意識を持ち、進んで新しい世界へとチャレンジいていくきっかけになったと思います。
 その後の大会式典は開会宣言、米沢寛全日電工連会長の主催者挨拶、来賓祝辞、組合役員功労表彰、意見交換会報告、大会決議、青年部意見発表等が執り行われました。新たに優良事業工組表彰が行われ、北海道電気工事業工業組合の「引込線工事士資格制度と引込線工事一括受託事業について」が見事金賞に輝きました。
 式典後の交流会は会場の都合で親会と青年部は別会場でしたが前日に行ったブロック交流会のおかげで楽しい時間を全国の仲間たちと過ごすことが出来ました。
 
最後になりましたが、今大会開催にご尽力されました関東電気工事会、関東電気工事青年部連合会の皆様には大変お世話になり感謝いたします。本当にありがとうございました。
また、このような機会を与えていただける、各会社の代表や社員にも深く感謝いたします。
2年後の全国大会にて山口県は宇部の地で再び仲間たちに出会えることを期待して報告と致します。
 
2013家族レク
2013-11-22
2013年11月17日
白老町体験工房コロポックルにて家族レクを開催!
多くの青年部員と家族が 粘土をコネコネ
夫婦や家族・仲間たちとワイワイガヤガヤ
コーヒーカップを作りました

どんぶりのようなコーヒーカップや
ハート型のかわいいカップ 模様もさまざまで
青年部員はひさびさ?の いいパパをしてました!

その後のライチタイムでは
巨大な肉をぐるぐる廻しながら焼くというダイナミックなランチ
もちろん子供たちも大はしゃぎでぐるぐる回します!!

子供たちへのプレゼントも用意。
我らが沼澤部長とのじゃんけん大会!
その後の子供達は プレゼントのおやつを食べながら
子供同士で元気に遊んでました。

忙しい中 当日の企画運営に奮闘した宮本事業委員長並びに
委員の皆様普段なかなか家族との交流が持てない青年部員も皆
充実した休日を過ごしより仕事を頑張ろう思う一日となりました。
 
函館地方電気工事協同組合青年部 創立30周年記念式典・祝賀会
2013-10-07
平成25年9月26日(土曜日)に、函館ホテルロイヤルにて、
函館地方電気工事協同組合青年部、創立30周年記念公演並びに
記念式典・祝賀会に、沼澤部長と、私春木の2名が参加してまいりました。 
当日は、13時から、道工組青年部連合会の役員会も合わせて開催され、
オブザーバーとして私も会議に参加し熱のこもった会議では、
様々な案件が議論されていました。役員会終了後、会場を移し、
函館青年部 中野部長の御挨拶で式典が開催され、
記念公演である『地球に愛される企業 お客様の声に応えたい』という
テーマのもと皆さんご存知、焼き鳥弁当でおなじみの、
株式会社 ハセガワストアの会長である長谷川 文夫様の公演が始まり、
地域に密着したアイデアからお客様の要望に応える為の 絶え間ない努力など、
為になる話に思わず聞き入ってしまいました。 ちなみに、
その日の昼食はハセストの焼き鳥弁当でした。 (美味かったな〜)  
その後、記念式典・祝賀会が開かれ、
ご当地アイドルや太鼓の演奏など思考を凝らした催しが行われ、
来賓を含め、93名の出席者が、創立30周年の記念の時を祝福していました。
私は、函館青年部のみなさんや各単協から祝福に集まった皆様と他愛もない話から、
公私共に為になる 話で、お酒を酌み交わしながら、有意義な時を過ごさせていただきました。  
そんな時、式次第には、載っていましたが、各単協青年部自己紹介が始まり、
いよいよ室蘭の出番です。 沼澤部長にまかせっきりの私は部長と、2人で壇上へ、
いきなり第一声で、声を張り上げ、熱く語る部長・・・・・・・  演説の様でした。
熱い演説が進むにつれ、『あれ!!私の紹介は?忘れてない??』 
アドリブで身振り手振りでアピールし、会場の皆様からの温かいお言葉、
笑いをいただき、無事成功・・・? そんなこともありましたが、
祝賀会も大成功のうちに終了しました。  
最後になりましたが、中野部長並びに、函館青年部の皆様、関係者様、大変お世話になりました。
式典・準備にと、大変だったと思います。本当にお疲れ様でした。
そして、素晴らしい式典に参加させていただき誠に、ありがとうございました。  
室蘭青年部も、2017年に30周年迎えますので、
これからの未来に向けて青年部活動を充実し、
良い30周年を迎えられる様、室蘭青年部も頑張っていくことを誓い、
このレポートの最後とさせていただきます。

レポート担当 副部長 春木 一喜(?春栄電気工事)

 
電気組合 清掃活動
2013-08-30
平成25年8月24日(土)日頃お世話になってる室蘭地方電気工業協同組合の清掃活動が行われました。 高所作業者数台で 普段届かないところの窓拭きなど 電気工事店ならではの清掃方法で 組合をピカピカにしました。
 
平成25年度定時総会
2013-06-06
平成24年5月15日(水)18:00より、洞爺湖サンパレスにおいて平成25年度定時総会を開催いたしました。総会では平成24年度事業報告並びに決算報告、平成25年度事業計画案等の承認を得、任期満了に伴う役員改選で沼澤部長の続投か決まり 今年度の青年部の体制及び方向性が整いました。また、新規入会者として太平電気株式会社の西島君が紹介され、第2回会員大会の報告を徳本幹事より行い無事総会を終了致しました。


懇親会風景はこちら
所​在​地​

室蘭地方電気工事業協同組合
北海道室蘭市東町4丁目7番8号
TEL.0143-43-8285
FAX.0143-43-2150

─────────────
組合員企業の安定成長実現のため、「組合員の利益や満足」をサポート、常に電気の新技術を磨き、充実した組合を構築します。
─────────────

 

<<室蘭地方電気工事業協同組合>> 〒050-0083 北海道室蘭市東町4丁目7番8号 電気会館内 TEL:0143-43-8285 FAX:0143-43-2150